知らないと危険!?適正ウェイト(重りの量)

知らないと危険!?適正ウェイト(重りの量)

…伝えたい事がある!!

重り持ちすぎてない??

水中で泳ぎにくくない??

ダイビング終了後なんかめっちゃ疲れない??

重りの量が適正なら快適に潜れます!!

適正ウェイトが分かる方法があるんです(^^*)

・チェック方法 深場編

大体の自分のウェイトの量はウエットスーツの厚みで変わるけど、なんとなくは分かっていると思います。ダイビングの教材やネット等にはよく足のつかない水深で『水面でBCDジャケットの空気を抜いて立ち姿勢で普通に息をすると水面が目の高さにくる』とか言われてます。

これだけでは実は今一つピンときません。どこか説明不足のような気もします…

分けて考えてみましょう。
まず『水面でBCDジャケットの空気を抜いて』は分かるかと思います。水面で背負っている浮力調節のジャケットの空気を全て抜きます。これでもか!ってくらい抜きます。

『立ち姿勢で』は立ち泳ぎのような姿勢だったり、潜降・浮上の時と同じ足が下にくる立ったような姿勢ですね。

『普通に息をすると』…ここ!!

この『普通に息をする』って何??
『普通』って何??自分だけ?わかりにくい気がします^^;

『水面が目の高さにくる』これはピンと気易いかと思います。顔の目から上が水面から出ている状態ですね。

そこで、『普通に息をすると』を変えて考えたいと思います。

 

・普通の息??

ちょっと話しを変えて下に潜って行くときはダイビングでは泳いで潜るのではなく【息を吐いて】下がっていく方法で潜降します。つまり息を吐いたら【下がる】状態でないと下に行けません。

つまり『息を普通にすると』息を吐くと水中に下がって、【息を吸うと】水面に浮いてくる状態でないといけないってことですよね。

つまり!!『普通に息をすると水面が目の高さにくる』のではなく
【息を吸う】と水面が目の高さにくる』っていう事になります!!

『普通に息をする』×
『息を吸うと』

 

『水面でBCDジャケットの空気を抜いて立ち姿勢の状態で、【息を吸う】と水面が目の高さにくる』くらいの重りの量に調整してみましょう。

 

で考えると分かり易いかと思います。
(ダイビングは海外からの輸入スポーツです。和訳から生まれる多少の受け取り方の違いはつきものです(^-^;日々各ダイビング指導団体のトレーニング部門が分かりやすいように情報はアップデートされています。もしかしたらもっと良い方法もあるかも!?)

それから上記は足のつかない水深が条件になります。

 

・チェック方法 浅瀬編

それでは、足つくくらいの浅瀬ならどうしたらいいの??

大丈夫!わかる方法があります!

浅瀬では『BCDジャケットの空気を抜いた状態でうつ伏せになり(足がやや下の状態がベスト)、息を吐いて下がり、息を吸うと体の上体が浮いてくる』くらいがベスト

つまり浅瀬でよく中性浮力トレーニングなどで行う【フィンピボット】が出来ればOK!!

ちなみに【フィン】は足ひれの意味で、【ピボット】は回転する軸などの意味、バスケットでボールを持っている人が片足を軸に振り返ったりするのも【ピボット】って言ったりしますね!

つまり【フィンピボット】は足ひれを軸に呼吸で上下する動作の事になりますね。

 

・計算方法

まず適正ウェイトの量に計算式はない!と思ってください!笑

というのもウェットスーツの素材も色々ありますし、ジャージよりスキンの方が浮きやすい感じもありますしウェットスーツの厚みでも3㎜より5㎜の方が厚みがあって浮きます。また新品のウェットスーツも素材がしっかりしていて水中でスーツ自体の気泡が潰れにくいので浮きすぎるくらい浮きます

※新品のウェットスーツを着る時はイメージより【+1~3㎏】の勢いで多く持ちましょう。潜れませんw

逆に古くなってきたウェットスーツは沈みやすいです。というか厚み薄くがなくなってきてますw 少し寒くなる事もあるでしょうw

でも冒頭で『計算式はない!』とかビックリマークまでつけながら言っといてなんですが、大体の計算方法はあります。

大体ですが…

例えばウェットスーツはワンピースのフルスーツで5㎜のタンクはスチール10リットルの条件( ̄∇ ̄)

身長/体重 170㎝/70㎏

であれば体重÷10=7kg
【タンクをスチール10リットル】使用でマイナス2㎏
=5㎏くらい

身長/体重 150㎝/50㎏
であれば体重÷10=5㎏
【タンクをスチール10リットル】使用でマイナス2㎏
=3㎏

 
(体重÷10)-(スチールタンクなら2㎏)-(ウェットスーツ3㎜なら2~3kg) = 大体の適正ウェイト量

 

 

5㎜フルスーツ(3㎜ならマイナス2~3㎏くらい)

ちなみにタンクをアルミで使えばマイナス2㎏はなくなります。(重くしないといけないです)

(※アルミはスチールと比べて軽いのでウェイト量を増やして持って行かないといけません。また、タンク内の空気残圧が少なくなると、後半浮いてくるので予備で1㎏くらいは持っていくのがオススメ)

というような感じですが、体質にもより筋肉質であれば沈みやすくウェイト量が軽くなります。(過去にプロレスラーや力士など、アスリートが潜った時はウェイト量が一般の人よりいらかった…凄いw)

逆に肥満体質の方は浮きやすくてウェイト量は増やさないといけないです!

保護スーツとしてベストやフードを着たり、足ひれがプラスチックの場合は更に浮きやすくなるので1㎏くらいはプラスしてもいいと思います。

またウェイトをウェイトベルトを使って腰に全てつけると6㎏くらいでも腰に負担がかかり【腰痛】になる事があります。※特に寒い時期は要注意!!

6㎏を超えた分のウェイトはBCDジャケットのポケットに入れたりタンクを固定するベルトに通す事も出来ます。タンクを固定するベルトに通す時は、ベルトのウエイトベルトに通す要領と一緒です。

ウエイトは腰に全てつけるのではなく、腰に負担がかかならいようにするのもダイビングテクニックの一つです。
※腰に【10㎏】もつけると水中でバランスも取りにくくなり泳ぐのも進みにくくなり泳ぎにくいです。そしてウェイトの持ちすぎ・重すぎ(オーバーウェイト)はもの凄く疲れます!!

(体験ダイビングでのゲストには、呼吸に慣れていないと【急に大きく吸い気味】でさらに【吐く息が少ない】ので【浮きやすくなる】事が人によってはあるので適正より少しオーバーウェイトくらいに調整する事もあります。)

・伝えたい事がある!!

※ダイビング中の運動のし過ぎ・疲れ・ストレスはパニック、トラブルの原因です。なるべく快適にストレスフリーなダイビングをしましょう!!