ダイビングで息が苦しい!??

ダイビングで息が苦しい!??

水中で呼吸が苦手!!!!!!

そんな人は少なくないと思います。

理由は簡単で慣れていないからです。

【これを覚えておけば絶対にダイビングの失敗はない!!】

人間は元々は鼻で息をする生き物です。(鼻が詰まりやすい人は水中での呼吸に慣れやすいかもしれませんね(^^;; )水中では口から息をしなければいけません。

鼻から息は出せますが、鼻から息を出す事は出来ても顔につけてる水中ではマスクが鼻息の影響でぶるぶると震えてマスクをおさえていないと、マスク内に水が入りやすくなりストレスになります。

特に激しい運動をした時や、緊張すると息が荒くなり(呼吸が早くなる)自然と鼻息も荒くなりますね。これは体内で酸素がしやすいですねもっと必要と脳が反応して呼吸をして空気に含まれる酸素を取り込もうとしているからです。

ダイビング中では、激しい運動や緊張、ストレスで息が荒くなってしまっていたら(息苦しさを感じたら)一度止まって呼吸を落ち着かせ息を整えましょう。

但し慣れていない人には【呼吸を落ち着かせる】というのがいまいちピンと来ないかと思います^^;

【呼吸を落ち着かせる】【深呼吸】

↑と思って下さい。

ラジオ体操の時の深呼吸の様にゆっくりと深く大きく深呼吸してみましょう。

一つずつ噛み砕くと【呼吸】には【吐く】事と【吸う】事の二つ別れます。
まずは【吐く】事に集中した方がダイビングでは呼吸を整えやすいです。

念を押して言います!!
まずはく】事に集中します。
この順番が凄く大事です!!

【吐く】コツは

ため息をする様な感じだったり、ロウソクの火を消す時のようだったり、タバコを吸った事がある人はタバコの煙を吐く時のようなイメージで吐いてみて下さい。

この吐く息が少ないと体内の二酸化炭素を排出しきれず、息苦しさを感じてしまいます。たくさん息を吐けるように吐く時間を長くしてみましょう。
なるべく息を吐く時間を長くしてみると人間息を吐いてる時間は落ち着くので呼吸が楽になります。落ち着く為にも吐く事から集中してみましょう】

【吸う】コツは

熱いお茶や汁物を飲む時みたいにゆっくりとすするように】吸います。タバコを吸った事のある人はタバコを吸う時のようなイメージで。(愛煙家の方はダイビング中はタバコを吸っているイメージだと呼吸がしやすいですね^^;)逆に急に大きく吸うと、急に肺が大きくなるので苦しさを感じてしまいます。大きく吸い過ぎも肺がパンパンになって息苦しさを感じてしまいます。

そこまで吸いすぎなくていいのでゆっくりと息をしてみましょう。

広告


マウスピースでも変わる!?

息苦しさはくわえる呼吸器(レギュレーター)マウスピースにも原因があります。大きい物をくわえるのが苦手な人にはマウスピースをくわえてすぐは少し吐き気がくると思います。(自分もマウスピースをくわえるのは苦手なので毎回くわえてすぐは多少吐き気はしますw)くわえて少しすれば慣れてきます。

マウスピースの形も色々あり、自分の歯型をとって自分の口に合うマウスピースも作ることが出来ます。

ダイビングとは

ダイビングは呼吸でするスポーツです!!

呼吸に慣れて呼吸をコントロールし、呼吸を征する者がダイビングを征します!!