タイプ

水中を見るためのダイビング用水中メガネでシリコン素材のスカートで鼻まで覆われているマスク。

レンズも丸型のものや両サイドまでレンズのついた視野の広いもの【ラップ・ラウンド】

マスク内の容量が少なく目とレンズの距離がが近く作られ視野が確保できて鼻が入るポケットがついていて、マスクからこの鼻の部分が突き出ている形になっていて鼻がつまみやすくなっている【ロー・プロフィール】

と色んなタイプがありレンズには【tempered glass】テンパードグラスとかかれたものを(絶対に)使用します。テンパードグラスは硬質焼入れされていて破損した時に細かく割れて危険な破片になるリスクの少ないレンズです。(車のフロントガラスもこの素材です)レンズの枚数も一枚の【一眼】タイプやレンズが片目に一枚ずつある二枚の【二眼】タイプがあります。

視力の悪い人のためにも度付のレンズが入るマスクもあります。視力補正が必要な人は度付に対応したマスクを選びましょう!

 

広告


 

選び方

マスクの選び方はダイビングの基本中の基本の【フィット性】と【快適さ】に尽きます(^^;

当然ですがマスクが顔にフィットしていないと隙間が出来て水中で水が入ってきてしまい、ストレスとなり重大なトラブルの原因となることも!!

フィットするマスクはそっと顔にあてて鼻から吸うと顔にぴったりくっつきます!このときに鼻から吸えてしまうと隙間ができているのでフィットしていない事になります。

色やデザインは快適さとフィット性の次くらいで選びましょう!!

※余談ですがゲストダイバー用にレンタルしているマスクのスカートの色はマスク内の水の浸入が見やすいようにスカートは透明のものが多いです。

インストラクターは逆にスカートの色を黒にして中を見えにくく(恥ずかしくないように?笑)している方が多い気がします。(黒は日焼けの後がつきやすいですww)

準備

マスクはそのまま使うと水中で曇ります!!

特に新品のマスクは製品保護のコーティングがされているのでレンズがやばいくらい曇ります!

やわらかい布や歯ブラシなどと研磨剤の入った洗剤・歯磨き粉などで十分に念入りに磨きましょう!!

手入れ

使用後は真水で完全にすすいで洗い直射日光を避けて乾燥させます。(長時間何日も太陽光線に当たったままは劣化の原因です)

広告