ダイビングの安全停止ってなんだっけ?安全停止をする理由とは!?

ダイビングの安全停止ってなんだっけ?安全停止をする理由とは!?

ダイビングの安全停止って覚えてますか??

ダイビングで浮上後の潜水病(減圧症)の発症を防ぐためにとても重要なスキルですね。

安全停止でリスクマネージメント

レジャーダイビング終了前には減圧症になるリスクを防ぐために「安全停止」を行ってから水面に浮上する事になっています。

「安全停止」とは水深5メートルで3分間水深をキープして体内に溶け込んで残った残留窒素を減らす効果があり、浮上後に水中と比べて気圧が低くなることで体内に溶け込んだ窒素が気泡化して膨らみ血管や体内の循環器系を詰まらせてしまう減圧症を防ぐとされています。

ホバリングについて

水深5メートルの中層をホバリングでキープするのが難しい初心者は水底が5メートルの岩場に掴まったり、予めロープの先に重りを付けたロープを船から水深5メートルまで出してもらってそれに掴まったり、船を係留しているアンカーロープに掴まる等して水深をキープする方法もあります。

レベルアップとしてホバリングで水深をキープしたい場合は視界をキープすることが重要です。

コツとしては見ている位置は固定して水中メガネのレンズ枠右下に水底や岩壁の固定物(サンゴやイソギンチャク、特徴のある岩等)を重ね合わせて、その視界の見え方が変わらないようにキープ出来るように呼吸やBCDジャケットの空気の量を調整するようにします。

主に基本的な水深の調整は『呼吸』になります。

息を吸って肺が大きくなるイメージで浮いていく事息を吐いて肺を小さくして下がっていく事を意識しながらホバリングを行うとより水深の調整がうまくなります。

ダイビング中は常に呼吸で上下することに意識しながら潜ることで中性浮力をつくることが上達するので常に『呼吸=上下』を意識して1本1本大切に潜りスキルアップを心がけてくださいね。

安全停止をしなかった!忘れてた!!

そんなバカな?

と思うかもしれませんがいろんな事情で安全停止を行わずに浮上することもあります。

バディの空気の残りが少なく自分の空気がゼロになり安全停止をする間もなく浮上。

ドライスーツ内に水が浸入し体の冷えを防ぐためすぐに浮上。

様々なトラブルで安全停止を行わずに浮上することもあります。

 

安全停止を忘れていたなら仕方ありません。というかダイバー失格です。

 

安全停止を行わずに浮上した場合どうすればいいでしょうか??

 

『もう一度潜って水深5メートルまで入り3分くらい止まってたらいいんでしょ!?』

 

『絶対にダメです!!』

もう一度潜る行為は非常に危険です。その日のダイビングは諦めて潜るのは最低でも浮上後から24時間は空けてから潜るか、体に異常を感じた場合(減圧症は浮上から時間が経過してから症状が現れます)高気圧治療のある病院に問い合わせましょう。

 

安全停止とは話が変わりますが私の知人はダイビング時の激しい運動と普段の睡眠不足が原因と思われる形で減圧症を発症しましたが、症状が出たのはダイビング後なにごともなく家に帰って夜も異常はなく次の日の朝に目が覚めて体に力が入らなくなり病院に行ったところ減圧症とわかり再圧チャンバーに入り治療が必要となりました。

安全停止を怠ったときに大切な事が『ダイビングは控える』ということ、その後に症状が出た時にすぐに病院に連絡をとれるようにしておくということです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

App Store & iTunes ギフトカード(10,000円)
価格:10000円(税込、送料無料) (2019/9/26時点)

楽天で購入