ブランクダイバー必見!!さぁダイビングってなにするんだっけ??

ブランクダイバー必見!!さぁダイビングってなにするんだっけ??

久しぶりに潜るダイバーさん、ダイビングスキル覚えてますか?

水中に入ってよく使う必要最低限のダイビングスキルって覚えていますか?

なんとなく楽しかったイメージと講習のときに練習した辛かったイメージと個人個人色んな思い出があるかと思いますが、久々のダイビングで何もイメージできずに水の中にエントリーすることは無茶苦茶だと思うので少しだけこの記事を読んでおさらいしてみましょう。

マスククリア

水の中で活動するのに最も必要なのが視界ですね!

マスク内に少量の水でも入るとストレスとなり初級ダイバーやブランクダイバーにとっては重大なパニック要素となります。

マスク内への浸水が進みすぎると視界不良にもなりかねません。

マスク内の水を抜く「マスククリア」はダイビングスキルの基本中の基本!必須中の必須ですね!

 

レギュレーターリカバリー&クリア

レギュレーターとは呼吸するための装備品ですね!名前は忘れてはいないですか?

「レギュレーターリカバリー&クリア」とはレギュレーターがダイビング中に外れてもまた探して口に咥えなおす方法とレギュレータ内に入った水を出す方法の事ですね!

マスククリアと同じように基本スキルになり、ダイビングでは命綱的な存在レギュレーターなので潜る為には絶対必要なスキルですね。

レギュレーターリカバリー&クリア

耳抜き

水圧によって起こる耳への圧迫感を取り除く圧平衡。

これを行わないと耳がやられちゃいますね!

潜る前に陸上でしっかり練習しておきましょう。

耳抜きについて

浮力調整

浮力の調整の基本は「呼吸」です。

息を吸って“浮く”

息を吐いて“降りる”

この肺の大きさで上下する事を意識しながら潜りましょう!

そして息を吸って浮いてこないならBCDジャケットに空気を入れて浮力の調整を行います。

また、水深が深くなる事で圧力が加わりBCDジャケットの中の空気の体積が小さくなる事で浮力が小さくなり沈みやすくなる事と、その逆に水深が浅くなると体積が大きくなり浮きやすくなる事も忘れずに!!

水中では呼吸で上下する!?

 

ハンドシグナル(ハンドサイン)

水中でのコミュニケーションとして大切なハンドシグナルですね。

潜降・浮上・トラブル・残圧の表示くらいは復習して覚えておきましょう。

安全停止

安全停止とはダイビング終了の浮上前に水深5メートルで約3分は停止して体内の残留窒素を減らし、浮上後の減圧症の発症リスクを減らす効果があるとされています。

どんな水深に潜ったとしても、ダイビング終了前には安全停止を行う事は忘れずに!!

ダイビングの安全停止ってなんだっけ?安全停止をする理由とは!?

ログブックの見直しも忘れずに!

ログブックで過去のダイビングデータを見ておさらいしてみましょう。自分の苦手だったスキルが書かれていたり、前回の装備品の情報はウェイトの量を決めるのに役立つので特に重要となりますね。

また昔の潜水記録で楽しかった思い出に浸るのも良いイメージトレーニングになりますね。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

App Store & iTunes ギフトカード
価格:50000円(税込、送料無料) (2019/9/26時点)

楽天で購入