レギュレーターリカバリー

レギュレーターリカバリー

レギュレーターリカバリーは命綱的な存在のスキルになりますね。

ダイビング時のライフラインともいえる呼吸を行う大切なギアであるレギュレーターを探して手に取り口元に戻すスキルです。

自分でわざと外しても万が一何かしらのトラブルが起こりレギュレーターが口から外れても慌てずにスキルを行えるまで熟練度は上げておきましょう。

そして忘れてはいけないことがダイビングの根本的なルールです。

レギュレーターが外れても呼吸を続ける事がダイビングのルールなので息を少しずつ吐き続ける事を心がけましょう。

レギュレーターリカバリーには『アームスイープ』『リーチバック』2種類のやり方があるので両方とも完璧にできるようにしておきましょう。

スキル手順

アームスイープ

基本的にはアームスイープでレギュレーターはリカバリーする事が出来ます。

右手を目の前にまっすぐ伸ばして右肩を大きく下げます。次に、右手の肘を曲げながら脇腹にくっつけて右手で右足の太ももを触りながら『太もも→お尻→背中→シリンダー(ダイビングタンク)』となぞるように触り、大きくクロールする様な動きで右手を回します

レギュレーターが右手に引っかかっているはずなので左手で右手の先端から腕の付け根に向かってなぞる様に触ってレギュレーターを探し当てます

トラブル

右肩を大きくしっかり下げる動作を忘れてしまいレギュレータを下にぶら下げた状態を作れていない。

右手でクロールする動作が小さくレギュレータをキャッチできない。

リーチバック

直接レギュレーターの1stステージを右手で掴みホースを手繰り寄せて2ndステージを握り咥え直す方法

アームスイープでリカバリーできない時に使えるスキルです。

まずは左手でシリンダー(ダイビングタンク)の底部分を下から上に持ち上げ右手掴める様にする。そのあとに頭の後ろ辺りにある1stステージを右手で掴みそのままホースをたどり2ndステージを手に取り口元に運び咥える

左手で持ち上げるだけでは右手が届かない場合少しお辞儀をする様な感じでシリンダーを前に倒すと届きやすくなる。

トラブル

右手で1stステージを探す事が出来ない。

やや逆さになる様な姿勢にしてシリンダーを前に倒すと届きやすくなる。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TUSA BC0103B / アクアラング カリプソ 超特価重器材セット!
価格:50723円(税込、送料無料) (2019/10/15時点)