初めての旅行先でダイビング!おススメの【着後ダイビング】とは??

初めての旅行先でダイビング!おススメの【着後ダイビング】とは??

旅行でダイビング!おススメの日程とは?

旅行先でダイビングをしたいとなると飛行機を利用しているとどうしても潜ったその日に潜水病の関係で飛行機に搭乗する事が出来ません。つまり帰りの日は潜る事が出来ないのがダイビングですね(例外あり)

※一般には当日だけ1本潜る単一ダイビング(前日も潜っていないものとする)であれば飛行機搭乗まで最低12時間が待機時間推奨とされています。もしくはダイブコンピューターに従った潜水計画となります。

2泊3日で旅程を立てているとなると1日目に旅先についてホテルにチェックインしてその日は終了、2日目にダイビングをして3日目には帰る。という3日もあるのに実質1日しかダイビングは出来ないという弾丸旅行になってしまいます。

ダイビングは1日だけで満足出来る!って方は良いかもしれませんが、もっと潜りたい!って人には物足りないですよねー。

潜った後その日に飛行機へ乗る事は出来ません(難しい)。

ですが!!

飛行機から降りた後すぐにダイビングする事は可能です。

 

つまり!

2泊3日でも到着してすぐにダイビングをしたら2日は潜る事ができます。

いわゆる「着後ダイビング」って奴ですね!!

 

着後ダイビングでダイビング三昧に♪Cカード取得時の日程も便利に!!

 

 

その日に到着してすぐ潜る事の出来るダイビングは船に乗ってポイントに行くボートダイビングは出航時間が限られているので難しいかもしれませんが、船を使わない陸からのビーチエントリーならビーチエントリーポイントがあれば潜れるので、ダイビングショップのツアーで「ビーチFUNダイビング」に参加出来ますね。

ダイビングのCカード取得講習でも到着後に潜る事も可能なので2日かかる講習でも到着したその日に潜る事を含めれば2泊3日あれば旅行先でダイビングCカードの取得の海洋実習も可能です。

(講習の場合は実技だけでなく学科もあるので、旅先についてから学科を学習すると宿題もあるので夜の時間も勉強に削る事になってしまいます。そこで「事前学習」をしておく事をオススメします。)

「事前学習」には2つのパターンがあり、事前に教材を送ってもらうパターンと、インターネット上で学習するeラーニングと呼ばれる方法があります。

最近ではeラーニングが主流となっており、eラーニングを通して事前学習していた方が教材を自分のペースで読んでやるより知識も身につきやすい人が多い気がします。

話しが少しずれてしまいましたね(笑)

ダイビングショップによってFUNダイビングや講習ダイビングのツアーのスケジュールは様々ですが、「着後ダイビングでは空港や港に直接お迎えに来てもらえる送迎サービスを利用した方がスケジュール的な流れはスムーズになり、当日に潜水回数2本3本と潜る本数も多くすることが出来ます。しかし、レンタカー等を借りて自分の足でショップやダイビングポイントに現地集合してしまうとレンタカーを借りるのに時間がかかったり、移動時に道に迷ったり渋滞している道を選んでしまったりと思わぬタイムロスで潜れても1本だけって事もあります。

送迎サービスをダイビングショップが行なっているのかも重要になってくるのが着後ダイビングですね。それからホテルのチェックイン時間も考慮して荷物も送迎車に保管もしくはショップで預かれるのか?なども確認していると到着してからドタバタと動く心配もなくなります。

 

まとめ

 

ダイビングツアーを申し込む際にはがっつり本数を潜りたい時には到着してすぐに潜れる【着後ダイビング】が出来るのか?また送迎も可能なのかをダイビングショップに確認しておくとダイビング三昧の旅行にできますね。