マスククリア

マスククリア

マスククリア正しく行っていますか?

マスククリアはマスク内に水が浸入した時の水抜きや、レンズが少し曇った時にわざとマスク内に水を入れてレンズを洗うことも出来るダイビングには必須のスキルです。

マスククリアを間違えて行うと思いもよらないトラブルに発展することもありますが、マスククリアが得意になるとダイビング時の安心感がより一層上がります

 

 

スキル手順

マスクのレンズもしくはフレームの上の部分を手や指で顔にしっかり押さえつける。

鼻息を少しずつ時間をかけて長めに吐き出していく。

マスク内に水が残り、気になるならば鼻息を出しながら上を向いていく。(溢れる様に水が抜けやすくなる)

トラブル

鼻から息が出ない

鼻から意識しても息が出ない状態。

息が鼻からと思っても口から息が出てしまうのが原因。

舌を上の歯の裏に当てながら(舌が発音の『ラ』の状態)行うと鼻から息を出すと上手く鼻息が出やすくなる。

鼻に水が入ってしまう

鼻息を出さずに上を向くとそのまま鼻に水が入ってしまいます。

鼻に水が入ると耳管を痛めてしまい耳抜きに悪影響を与える事があるので注意しましょう。